糖質制限で肌荒れになってしまう人の改善法

糖質制限で肌荒れになる場合の原因

肌荒れ

糖質制限は効果的なダイエットとして多くの方に支持されています。
しかし、方法を間違えると肌荒れを引き起こしてしまう場合もあるのです。
せっかく痩せて綺麗になっても肌がボロボロになってしまっては、意味がないですよね。
ですので今回、糖質制限で肌が荒れてしまう原因について見ていきたいと思います。

 

まず、糖質制限のダイエットは一般的には肌荒れしにくいとされています。
糖分を控えたり夜食を食べない生活を続けていると、ホルモンバランスが改善されお肌の調子も良くなります。
このように、糖質制限はむしろ美肌効果も期待できるダイエットなのです。
では、なぜ肌荒れを起こす場合があるのでしょうか。

原因1:食物繊維

便秘

1つは、腸内環境の悪化です。
糖質制限をしている間、食物繊維も同時に少なくなります。
食物繊維が足りなくなることによって便秘を引き起こします。
便秘になると腸内環境が悪くなり、毒素がたまり、新陳代謝が不活発になって、肌荒れの原因になるんです。

 

原因2:脂質の摂りすぎ

脂質

原因のもう一つは、脂質の摂りすぎです。
糖質制限のダイエットをしている間は糖質が少なくて脂質の多い食べ物が中心となります。
例えばナッツ類などが代表的ですよね。
この脂質を取る量が急に増えたので、内臓が脂質を分解する速さが追いつかなくなってしまいます。
この分解されなかった脂質が、肌荒れやニキビを引き起こす大きな要因なのです。
特に、もともと脂質をあまり取っていなかった人は、内臓の処理能力が追い付かないことが多いです。

 

実際、糖質ダイエットを行っている方にナッツ類はとても人気があります。
しかし、脂質の摂りすぎは思わぬ弊害で肌荒れの原因となってしまうのですね。

 

では、糖質制限ダイエットをしつつも肌荒れを起こさないようにするにはどうすればいいでしょうか?

糖質制限で肌荒れになった時の改善法

酵素

上に上げた原因は、糖質制限にはつきものな状況です。
もともとのその人の内臓の処理能力の問題があって、どうすればいいかわからなくて困っていました。
でも、2つの原因の改善には、どちらも酵素が使えるんです。

 

腸内環境の悪化が原因の場合

酵素

腸内環境が悪化すると、悪玉菌が増え、腸内環境を改善してくれる「善玉菌」が減って働けなくなってしまいます。
ここで酵素を取ると、酵素が消化の手助けをします。
消化不良のままたまっていた食べカスなどに悪玉菌が繁殖していますが、酵素が消化不良の部分をなくすと、悪玉菌が増えにくくなるんです。
すると、自然と善玉菌が増えてきます。
酵素にはお肌のターンオーバー、新しい細胞への生まれ変わりを促す効果もあるので、肌荒れが改善されていきます。

 

脂質の摂りすぎが原因の場合

燃える

脂質を内臓が分解しきれないことが原因の場合、内臓は手が回らなくて必要な処理ができず、ますます分解できない脂質がたまる悪循環になります。
でも、酵素はエネルギーを燃やす手助けをする働きがあります。
エネルギーを燃やすと、燃料を多く使ったようなもので、内臓の働きがアップします。
内臓の働きがよくなると、必要な分解処理に手が回るようになって、脂質も分解してくれます。

 

どうやって酵素を取ればいい?

酵素は生野菜などに含まれていますが、正直糖質制限で手一杯。
そこで、酵素ドリンクを飲むといいですよ。
酵素ドリンクは他のダイエット食品に比べて酵素の種類が多くてよく働いてくれます。
消化もいいので、自然な形でお肌も健康にしてくれます。

 

ただし、糖質が多いと糖質制限の効果が薄くなるので、糖質の少ない酵素商品を選ばなくてはなりません。
低糖質の酵素ドリンクを使えば、糖質制限の効果も邪魔しない上、肌荒れの原因を解消して、糖質制限本来の美肌効果を得られますよ。

 

糖質の少ない酵素ドリンクランキング