糖質制限してるのに痩せない時の対処法3つ

「糖質制限ダイエットしてるのに、なかなか効果が出ない…」
「どうして痩せないんだろ?」
糖質制限してるのに、なかなか効果が出なくて困っていました。
でも、効果が出ない原因に対処すれば、結果が出せるんです。
ここでは、糖質制限してるのに効果がない時、どうすればいいか原因と対処法を紹介します。

 

原因その1:うっかり糖質を取っている場合について

実は糖質制限していたつもりでも糖質を摂っている場合

糖質と聞くと通常は砂糖等がふんだんに使われている甘いお菓子やジュース等を思い浮かべる方が多いですよね。
でも実は、甘味を感じさせない糖質がある事を理解しておく必要があります。

 

甘い物を口にしている時には糖質を摂っていると認識できますが、甘くない物を摂っている時には糖質を摂っているという認識が薄くなってしまいます。
この甘く感じない糖質の代表的な物が、お米や小麦粉、イモ類に多く含まれている「でんぷん」です。

糖質

でんぷんは、お米や小麦粉等の炭水化物に含まれておりますが、炭水化物の中に含まれる成分として食物繊維と糖質に分ける事ができ、身体の中での働き方が全く異なる物となっております。
その為、甘いお菓子類やジュースを控え、しょっぱいお煎餅やお菓子類に切り替えたとした場合でも、実はお米や小麦粉等が主原料になっている場合には、知らずの内にでんぷんを口にしている事になってしまい、その結果として糖質制限が出来ていない事になってしまいます。

 

日常の食事の中の糖質量について

日本人の場合、1日の糖質の摂取量は200gから300g。
糖質制限ダイエットを実行されている方でも、最低100gは摂る事が望ましいとされております。
これはお糖質の摂取を完全にゼロにしてしまう事で、体調維持に悪影響が出てしまうからです。
そこで大切なのが、ご自身の日常の食事等で口にする食物の糖質量を把握しておくこと。

 

主な食材の糖質量を調べて見ましょう。
まずはお米です。
精米されたおご飯の場合お茶碗1杯でおおよそ55.7g。
玄米ご飯の場合には53.4gの糖質が含まれております。

 

パンはご飯に比べやや低く、食パン1枚でおおよそ28g。
コッペパンで24.6g程度とされております。
当然、食べ過ぎてしまえば糖質摂取量は上がってしまいます。

 

麺類で言えば、うどん100g中の糖質量は21.6g。
そうめんやひやむぎの場合には25.8g程度とされております。
麺類も基本的には小麦粉が主原料ですので糖質量が高くなります。

肉

逆に肉類や魚介類はタンパク質が主原料ですので糖質はかなり低くなります。
食事制限をされている方にとっては、良質なタンパク質を摂る事で体調の維持やストレス発散等の効果が得られます。
知らずに糖質を取りすぎていないかどうか、一度普段の食事を見直してみるといいですよ。

1食置き換え

酵素ドリンクで1食置き換えをすると、1食が糖質量10g程度になり、残り2食での糖質制限がラクにできるようになるのでお勧めです。
その場合は、糖質量の低い酵素ドリンクを選んでやってみてくださいね。

 

原因その2:代謝が落ちている場合について

下がる

糖質を制限していいるのに、なかなか痩せない。
はじめは面白いように痩せていったのに、最近、体重の減りが悪くなった。
そんな方は、代謝が落ちている場合があります。

 

代謝が落ちている原因は、ダイエット前から、年齢、無理なダイエットをしてきた、運動不足などで、もともと代謝落ちている場合があります。
ダイエット前から代謝が悪いので、糖質制限ダイエットをしても、なかなか痩せません。

 

また、糖質制限ダイエットをしているとき、糖質ばかりを気にして、たんぱく質、脂質まで摂取していない場合があります。

タンパク質


食事の制限だけをしていると、体が冷えてきてますます代謝が下がってしまいます。
また、脂肪も落ちますが、筋肉も落ちてしまうため、基礎代謝がどんどん悪くなってしまいます。

 

そこで、あまり食べなくても、痩せにくくなり、リバウンドの原因にもなってしまいます。
もう一度、どんな物を食べているのかを振り返り、食生活の見直しをしてみましょう。
たんぱく質、脂質はエネルギーの代謝にとても大切な栄養素になるので、積極的に食べましょう。

酵素ドリンク

また、代謝をアップさせる方法に、酵素も一緒に取ると、さらに効果的です。
酵素は私たちの体に非常に重要なもので、食物の消化・分解の働きをし、体の毒素を排泄してくれて、新陳代謝もアップします。
酵素が体内に増えていくと、新陳代謝がアップするので、体の脂肪も燃えやすくなり、痩せやすい身体ができるのです。

 

また、酵素は、糖質の分解と代謝にも大きく関わっています。
糖質は、量を多く摂取すると、脂肪として蓄えられるので、太る原因になります。
しかし、酵素は、糖質の分解をすアミラーゼ、ビタミン、ナイアシンなどが含まれており、脂肪として蓄えられる前に分解してくれるのです。
糖質制限ダイエットを効率よく成功させる方法として、たんぱく質、脂質をしっかり取り、酵素を使って代謝をアップさせるといいですね。
糖質の多い酵素ドリンクを使うと、糖質制限の邪魔になるので、糖質の少ない酵素ドリンクを選んでくださいね。

 

糖質の少ない酵素ドリンクランキング

原因その3:塩分の摂りすぎでむくんでいる場合について

塩

糖質制限をすると、ご飯を減らした分、おかずをたくさん食べることになります。
この時、おかずから取った塩分が多すぎてむくんでしまうことがあります。

 

塩分は体の中に入ると、一定の濃さに薄めようとする力が働きます。
薄めるために、体が水分をたくわえるので、むくんでしまうんですね。

 

これを防ぐには

  • おかずの塩分を見直す
  • 塩分を排出できるカリウムを取る

のが有効です。

むくみ

不要な塩分のせいで不要な水分を貯め込んでむくんでいるので、塩分を排出するとスッキリします。
塩分を排出する働きのあるカリウムは、主に野菜など、植物にたくさん含まれています。

 

野菜も、たくさんの種類を毎日取るのは大変ですが、酵素ドリンクならたくさんの種類の野菜や野草などが原料に使われています。
植物原料由来のカリウムが豊富なので、むくみ解消におすすめです。

 

ただし、糖分の多い酵素ドリンクを使うと、糖質制限の妨げになってしまいます。
糖質量の少ない酵素ドリンクを選んで使うといいですよ。

 

糖質の少ない酵素ドリンクランキング