糖質制限中の体調不良、どう対処すればいい?

風邪

「糖質制限すると何故か動悸がしたり、脱力感があって続けにくい…」
「風邪を引きやすくなっちゃって、糖質制限やめちゃった…」
糖質制限中、何故か体調が悪くなって困っていました。ダイエットは続けたいけど、どうすればいいのかわかりませんでした。
でも、酵素を取ると体調不良の原因にうまく対処できるんです。
ここでは、糖質制限中の体調不良に対処する方法を紹介します。

 

もともとインスリン分泌が多い場合の対処法

もともと、血糖値を下げるインスリンの分泌が多い人がいます。
体質の場合もあれば、これまで糖分の摂りすぎで、脳が「たくさんインスリンを出して血糖値を下げないと」と記憶してしまっている場合もあります。

 

このタイプの人は、糖質制限した時、脂肪をエネルギーに変える態勢にすぐ適応できないんです。
これまで、糖からエネルギーを取ることが多く、それで不自由がなかったわけです。
糖が少なければ、肝臓が脂肪をエネルギーに変えるのですが、そのための処理能力が育つ暇がなかったり、衰えてしまったり。

 

糖質制限していけば、脂肪をエネルギーに変える態勢が整ってくるのですが、それまでの間、体調不良に悩まされたりします。
うまくエネルギーに変えられないのに、脳がこれまでの経験でインスリンを出して、低血糖になってしまうんですね。

 

低血糖になると、眠気やだるさ、脱力感、動悸などが出てきます。

こういう時の対処法は、酵素を取ることです。
酵素を取ると、脂肪をエネルギーに変える力もアップ。
酵素の手助けを借りながら、体を糖質制限に慣らしていきます。

 

酵素は生野菜や生魚に含まれていますが、ダイエット目的なら酵素ドリンクを取るといいですよ。
たくさんの種類の植物原材料が使われていて、栄養的な補助にもなります。
また、デトックス効果で体にたまっている不要なものを出していくと、サイクルがうまく回るようになることも多いんです。

 

ただし、糖質の多い酵素ドリンクを使うと、糖質制限の意味がなくなってしまいます。
糖質の少ない酵素ドリンクを選んで使ってみるといいですよ。

 

糖質の少ない酵素ドリンクランキング

もともとタンパク質不足の人の対処法

肉

もともと、それほど肉や魚を取っていなかったタイプの人や、胃が弱い人なども、体調不良になることがあります。
糖質制限をすると、ご飯を減らして肉や魚など、タンパク質を食べることが増えます。
もともとあまり肉や魚を取っていなかったので、または胃が弱いので、タンパク質を消化するのに十分な量の胃液を出すことに、胃が慣れていません。

 

糖質制限食を続けていればだんだん体が慣れて、胃液が十分に出るようになったり、折り合いがついてきます。
が、それまでの期間は未消化の食べ物が腸を通るわけです。
未消化の食べ物は、悪玉菌の好物。
悪玉菌が増えて善玉菌を追いやると、腸内環境が悪くなってしまいます。

病原菌

病気と闘う体の力を免疫といいますが、全身の免疫の80%は腸にあるんです。
腸内環境が悪くなると、免疫力も低下。
免疫力が下がると、病原菌と闘う戦力が少なくなって、風邪を引きやすくなったり、そこまでいかなくても何だか体調不良だな、ということが多くなってしまいます。

 

実はこのパターンの体調不良にも、酵素が使えるんです。
酵素は消化を補助する働きがあります。
体が慣れるまでの間、酵素を十分に摂れば、消化の手助けをしてくれます。
未消化の食べ物が減りますから、悪玉菌が増える余地がなくなり、善玉菌が盛り返してきます。
すると、腸内環境が良くなって、免疫力もアップ。
免疫力が上がると、病原菌と闘ってやっつけてくれますから、体調不良を防げるんです。

酵素ドリンク

酵素は、生野菜や生魚から取れます。
ダイエット目的なら、酵素ドリンクを使うのがいいですよ。
自分ではなかなか取れないたくさんの種類の植物原料が使われているので、栄養の補助にもなります。
さらに、酵素ドリンクでの1食置き換えや1日置き換えなどのプチ断食は、食生活が変わって疲れていた胃腸をお休みさせてくれます。
お休み後、元気を取り戻した胃腸でダイエットをした方が、サイクルがうまく回るんです。

 

この場合も、酵素ドリンクは糖質の少ないものを選ぶようにしてくださいね。

 

糖質の少ない酵素ドリンクランキング