炭水化物抜きダイエットで体重が減らない時、こうすればうまくいく!解決策2つ

原因1:代謝が悪くなってると体重が減りにくい

疑問

これまでダイエットを試みたことがある人って多いと思います。運動したり、食事制限をしたり・・・。
特に最近、多くの有名人がやっているのが「炭水化物抜きダイエット」です。
結構真似して炭水化物ダイエットをやっている人って多いですよね。
ところが、カロリーは減っているはずなのに体重が減らないなんていう話もよく聞きます。

 

どうして炭水化物を抜いているのに体重が減らないのか、お答えしますね。

 

原因は代謝が悪くなるから?そもそも代謝って?

炭水化物抜きダイエットをしていると、代謝が悪くなる人が多いです。

 

代謝っていう言葉、聞いたことがありますよね。
食べ物は、お腹の中で消化し、血液の中に吸収されます。すると、化学反応をして、エネルギーやからだを作る素となってきくんです。
この一連の流れを「代謝」といいます。

 

 

代謝が悪いとどうなるの?

ヨガ

炭水化物抜きダイエットをすると、糖質が不足がちになります。
すると体の中では、脂肪を分解してエネルギーに変えようとします。
ここで脂肪が減るからいいじゃん!と思うかもしれませんが、違うのです。

 

体の中では、糖質が不足していると筋肉を分解し始めます。
糖質って意外と大切な栄養素で、脳のエネルギー源にもなっているんですよ。
疲れた時、甘いものが食べたくなるのもそういう脳の司令からかもしれないですね。
そのため、糖質がないと大変だ!ということで筋肉を分解して糖質を作るということです。

 

そうすると、筋肉が減るので代謝が下がってきてしまいます。
代謝が悪いことで、エネルギーを消費しづらい体になり、体重が減らないという原因になります。

 

 

どうしたら代謝が上がるの?

肉

糖質量の少ない酵素ドリンクを選ぶことが有効です。
なぜ酵素を補うのかというと、酵素がエネルギー代謝に欠かせない成分だからです。

 

でも、糖質が減ってしまうと筋肉がまた分解されて、よくないんじゃ?と思うかもしれませんが、大丈夫です。
その代わりに豆や肉などのタンパク質を摂るといいですよ。
タンパク質は筋肉を作る働きがあるので、筋肉は維持できます。

 

糖質量の少ない酵素ドリンクで代謝を上げて有効的にダイエットをしましょう。

 

糖質の少ない酵素ドリンクランキング

原因2:思ったより糖質を取っている

最近ではメディアで糖質制限ダイエットを取り上げてるのを良く目にします。
見た感じは簡単そうに思えて自分もやってみようと思うものです。

 

でも実際にやってみて体重が落ちない事もあるのです。
今回はそのような原因を説明していきます。

 

パンやご飯、お菓子を意識し過ぎ

糖質

パンやご飯、お菓子を減らしてるから大丈夫じゃないの?
と思う方もいると思いますが、それに気をやりすぎて他の食品を理解してない事があります。

 

まずは糖質制限のメカニズムを簡単に説明します。

 

糖質制限をする事で体がエネルギー不足になり、代わりに脂肪をエネルギーとして変換させてダイエットをする事をいいます。

 

ここでのポイントは糖質と脂質を同時に摂取しない事です。
同時に摂取すると脂肪を蓄えやすくなります。

 

糖質制限は肉などをたくさん食べても構わないのであまりキツくはないかと思います。
ですが、この肉が落とし穴になる方が多いです。

砂糖

どういう事かというと、味付けの問題です。
味付けで砂糖や甘いものを使っている場合には、糖質と脂質を同時に摂取していることになります。

 

これが良く初心者で陥りがちな落とし穴です。

 

焼肉のタレや生姜焼きなども砂糖などを使うので脂肪がつきやすいでしょう。
なので肉だからといって油断は禁物です。
味付けは塩などシンプルな物がオススメです。

 

次は野菜類ですが、これも意外と太りやすい野菜があります。
野菜は痩せるイメージですが、GI値(血糖値の上がりやすさ)が高いものは太りやすいです。
特にジャガイモなどは太りやすいと言えるので、さつまいもなどにしましょう。

 

解決には食生活の見直しと置き換えダイエットの導入

糖質の摂り方の見直し

朝

糖質制限で注意してほしい事は、全く糖質を取らない事は危険という事です。
全く取らないと低血糖症になり倒れてしまうので、少しは摂取してあげましょう。

 

ポイントは脂質と一緒に取らなければいいのです。
お勧めの摂取タイミングは朝です。
朝は1日の始まりで、いわゆるガソリンを入れるような事なので朝はエネルギー変換しやすく脂肪も付きづらいです。

 

夜は寝るだけなので糖質は摂取しなくても良いんです。

 

原因としては、

 

  1. 糖質制限をしているつもりでも意外と脂質と糖質を摂取している
  2. 野菜でも血糖値が高いものを食べてしまっている

 

これらがあげられます。
意外と見落としがちなんです。
この食生活を見直してみるといいですよ。

 

置き換えダイエットの導入

1食置き換え

もう一つ導入するといいのは、置き換えダイエット。
1食をダイエット食に置き換えるものです。
夜だけ、糖質量10gほどのダイエット食に置き換えると、朝と昼はゆるめの糖質制限でも十分に糖質制限できます。
糖質摂取量の管理がラクになるんです。

 

どうしても昼は外食になるとか、どうしても夜が外食になるとか、なかなか糖質制限しにくい状況ってありますよね。
そういう場合は、自由になる食事(朝か夜が多いですよね)を1食、置き換えることを考えてみてください。

 

この時、置き換えダイエット食には

  • 代謝を上げる酵素が入っている
  • 糖質量が少ない(10g程度)

ものを選びましょう。
糖質量が多いとあまり意味がないですし、糖質制限中に代謝が上がらなくなると痩せにくくなるので、そこを酵素で補います。

 

おすすめは酵素を多い種類取れる酵素ドリンクの中から、糖質の少ないものを選ぶこと。

 

ランキングで、糖質量の少ない酵素ドリンクを特集しているのでそちらも見てみてくださいね。

 

糖質の少ない酵素ドリンクランキング